ひめ別ははなぞのの第四巻の続きを読みました。

第20、21談話を読みました。
主役の情愛がひとまず亭主の櫻井の住宅に泊まりたいと、次男にお願いしていました。
どうも情愛は櫻井の住宅に居残る娯楽をやりたいみたいです。
情愛は一先ず母親なので兄達は駄目だと言っているのですが、情愛はどうしてダメダメのか分かってないみたいです。
次男は情愛があまりにも駄々を人脈るので、何となく情愛をビンタしてしまいました。
そのあとは情愛は喚きながら部屋へ行ってしまうし、叩いてしまった次男は落ち込んでいるしで、あすまた理解し合うことにしたみたいです。
朝方起きてみれば部屋に情愛は居ませんでした。
脱走したみたいです。
その頃、情愛は櫻井の住宅に来てました。
チャイムを押して待っていたら、酷い呂律がしました。
鍵がかかっていなかった入口を開けたら、扉で櫻井が倒れていました。
どうも感冒をひいて動けないみたいです。
看病することにした情愛はドラッグストアに行っているものを揃えたり、超絶に行って大根とプリンを買ってきました。
プリンを食べさせて薬を飲ませるまでは良かったのですが、大根がなんだか情愛には重超えるみたいで落としてしまいました。
只その呂律で起きてしまった櫻井に大根を切ってもらって、ハチミツ漬けを作ってました。
布団で寝ている櫻井を見て、眠たくなったのか布団に念頭突っ込んで寝てしまいました。
只起きた櫻井に布団に入れてもらって、一緒に寝てしまいましたよ。
その頃兄達は何となくマンホールを覗いて情愛を探していましたよ。
情愛は小学校に思えるみたいですね。
確かにうわべちっちゃいので櫻井もちょっぴり悩んでましたね。
自力はロリコンなのかと、そんなこと考えながら銭湯入って、感冒引いたみたいです。
あと少し次男の学生時代の談話がありました。
ここで第四巻は終わりだ。
全体的には面白かっただ。
兄達は情愛を探してる行きがけなので、どうなるのか続きが気になります。キレイモ パックプラン